多久聖廟 孔子の里 歴史

初めて多久聖廟へいきました。
すごく歴史を感じる場所です。
素晴らしいですね!
まだまだ知らないところがたくさんありますね!
勉強せんばですね\(^o^)/

多久聖廟のHP

 

多久聖廟とは!
多久聖廟は、宝永5年(1708)多久茂文が孔子像を安置し、領民に「敬」の心を培わせるために建てた孔子廟です。 現存する聖廟としては足利学校(栃木県)、閑谷学校(岡山県)に次ぐ古い建物です。 建築様式は、禅宗様仏堂形式と呼ばれる我が国の代表的な建築様式ですが、彫刻や文様で中国的な雰囲気を出しています。現在は、国指定重要文化財として大切に保全されています。

 

 

 

 

 

 

多久聖廟の正面です。

 

素晴らしい作りですね。

 

 

 

 

 

 

東原庠舎(とうげんしょうしゃ)

 

東原庠舎の成り立ち
江戸時代、多久氏によって統治された多久邑(ゆう・村の意味)は山あいという土地柄本藩鍋島(なべしま)家の諸政策のために苦しい財政状況で、邑民の生活も極度に貧困でした。そんな時に多久家の4代邑主となったのが多久茂文(たくしげふみ)です。茂文は多久を治めるにあたり邑民の教育が何よりも必要だと考え、まず、元禄12年(1699)、邑校である東原庠舎の前身の学舎を完成させ、そこに孔子像を安置して学問に適した環境を整えました。
茂文が起こした東原庠舎は朱子学の学校で、明治になるまで、漢学や和学、武芸などの文武両道を教える場として重要な役割を果たしました。侍の子弟においては修学を相続の条件とするなど、子弟教育を第1にあげていますが、侍以外の者にも入学を許可していました。身分を問わず学問を志す者すべてを受けいれたことは、当時にあっては画期的であり、注目すべきことだといえます。そして多久は、いつしか学問の地、また昼夜とも明るい仙人の住む場所という意味の「丹邱(たんきゅう)」とまで言われ、その名は遠く江戸まで達するようになったのです。
茂文や東原庠舎の初代教授である川浪自安(かわなみじあん)らが基礎を築いた邑民教育政策は、次第にその成果を表しはじめ、幕末から明治にかけて、いよいよ開花していく事になりました。のちに我が国の電気工学の先駆者となる志田林三郎(しだりんざぶろう)をはじめ、明治刑法の草案者である鶴田斗南(つるだとなん)、微量天秤で学位を受けた飯盛挺蔵(いいもりていぞう)など、東原庠舎から日本の近代化や郷土のために尽くした人物が、数多く輩出しました。

現在の東原庠舎は、平成3年に学芸文化の研鑽振興を図るための宿泊型社会教育施設として、当時の面影を残しつつ現代風に再建された施設です。

 

 

 

 

ブログ記事を見ていただいてありがとうございます。

弟子丸建設では、厳格な規則をクリアした公共の建物の建設にも携わっています。
公民館・児童施設・県立高校のトイレ増築などなど・・・

注文住宅、新築物件に関しても同様に細部に渡ってお客様がよろこばれる家をお作り致します。
家のリフォーム、カーポート、新築などお気軽にお電話ください。